持っているクレジットカードを見直しましょう

さまざまないきさつがあって、増えてしまいがちになるのが、クレジットカードです。あまり利用しなくなったカードを持っている人も多いと思います。こういう場合、クレジットカードを整理して少なくしましょう。クレジットカードには年会費が有料のものがあります。これは少なくともポイントなどで、年会費以上のメリットを出さないと、持っているだけで損失が発生します。気を付けたいのは、最初はよく利用していたが、今は使っていないというような場合です。解約するのが面倒だと、そのままになっているのがないか確認しましょう。また、有料のカードを複数枚持っているような場合は、1つだけ利用するようにできないかどうか、検討する価値があります。年会費無料の場合も、無料という理由だけで残しておくのは、好ましくありません。クレジットカードの所有には、必ず紛失や盗難、悪用されることのリスクが伴うからです。財布や机の中などにある、クレジットカードを1回全部出して、どういう場合にどのカードを使うか、必要性の有無を再確認して、不要なものを解約しましょう。

クレジットカードを紛失してしまった場合の対応について

もし、クレジットカードを紛失してしまった場合は、持ち主本人の迅速な対応が必要です。例えば財布などの窃盗に伴う場合の紛失は、カードが悪質に使用される可能性が極めて高いですし、「手元に無いけれど探せば見つかる」といった安易な考えは、思わぬトラブルに巻き込まれてもおかしくはありません。責任ある管理はもちろん、正しい紛失時の行動を抑えておくべきでしょう。 紛失した時はまず、クレジットカード会社へ電話での連絡が先決です。紛失時の専用ダイヤル等用意されていることが多いので、オペレーターの指示に従うようにしましょう。その後カード会社から新しい番号のカードが手配されるので、もし紛失したものが見つかった場合などは再度問合せをし、どのようにすれば良いか訊ねます。見つかったタイミングによりますが、本人の手で処分することが求められることが多いと思います。カードを折り曲げるなどして、使えないことが分かるように処分しましょう。

仕事用とプライベート用にクレジットカードを分けました

ずっと一枚のクレジットカードを使ってきたのですが、会社を独立したのを機にもう一枚作ってみました。仕事用のものとプライベート用のものを一緒にすると、後で確定申告なんかの時に大変なんですよね。ということで新しくクレジットカードを作ったのですが、今は簡単に申し込み出来るようになっているんですね。インターネットでの申し込みが可能になっているので、家に居ながらにして申し込むことが出来ました。審査の難易度なんかは分かりませんが、申し込みの難易度は格段に下がっていて良いと思いました。申し込んでからカード発行まではけっこう時間がかかりましたが、クレジットカードをプライベート用と仕事用に分けたことにより一目で利用額などが分かるようになって便利になりました。

年会費が有料のクレジットカードは付帯サービスが充実

クレジットカードの付帯サービスは、年会費がかかるもの、かからないもの、どちらでにもついていると思いますが、年会費がかかるものの方が充実していることが多いです。しかも、年会費の金額が高ければ高いほど充実する傾向にあるため、仮に年会費が無料のクレジットカードの付帯サービスで十分満足がいくと思っても、1度年会費がかかるクレジットカードの付帯サービズについてチェックをすると、やっぱり年会費が有料のものの方が良いかな?お得かな?と思えてくるかもしれません。それくらい年会費がかかるクレジットカードは付帯サービスがより充実しているものが多いのです。クレジットカードはどれが良いか?を決めるときには年会費の有料、無料別の付帯サービズについても1度チェックしておきましょう。

クレジットカードは年会費無料のものでも十分

クレジットカードには年会費無料のものと、そうではなく有料のものがあります。ですから初めてクレジットカードを作る時には、どちらにしようかわからずに迷ってしまう方は多いと言えるでしょう。私は長い間年会費無料のクレジットカードを利用していますが、全くもって不満はありません。しっかりとポイントも貯まりますし、特典も海外保険がついていたり私としては十分です。ですからクレジットカードは余程たくさん使う、特定の特典や優待を使いたいと思っている方でなければ、年会費無料のもので良いと思います。今クレジットカードで年会費無料のものが良いのか有料のものが良いのか悩まれている方は、この私の体験を参考になさってみてください。

クレジットカードの利用限度額

クレジットカードが利用できなくなったことがありました。クレジットカードの利用限度額をオーバーしてしまったようです。それなりの利用限度額になっていたので、少しびっくりしたのですが、どうも前月に税金や年金を支払った分の引き落としが済んでいなかったので、利用限度額が少なくなってしまっていたようでした。よくクレジットカードを使うのでクレジットカードが使えないといつもの買い物のリズムとは違ってしまい、かなり戸惑いました。ただ、引き落としの日まではすぐであったので、何とかなりましたが、クレジットカードの利用限度額の引き上げの検討を始めました。一度あったことは同じような事態にまたならないとは限らないからです。

割り勘もさっと会計でスマートに

居酒屋など、大人数で行くと会計の時かなり苦労しますよね。個別会計はお店に迷惑がかかるから、テーブルでお金をかき集めて……って会計の時千円札何枚と百円玉、五円玉、ってバラバラのお金だととってもかっこわるいです。そんな時カードさえあれば、みんなからお金を徴収してお店に「カード払い」で、でスマートに支払うことができます。しかも大人数で行けばかなりの金額になるはずですから、その分のポイントも独り占めできてとってもお得ですよね。飲み会の帰りって結構酔っぱらってみんなぐだぐだになって会計が大変ってパターンが多いですが、カード一枚あれば混乱なくスマートな会計が可能です。飲み会や大人数の集まりや旅行の際は、カードを活用していきましょう!

移動の多い人が持っていると役立つ交通系ICクレジットカード

 電車やバスやタクシーなどの移動が多い人にとっては、交通系ICカードの存在が欠かせません。移動のたびに財布から小銭を出していたのではとても面倒くさいですし、お釣りばかり増えてしまってすぐに財布がパンパンになってしまいます。そんな移動の多い人にとって助かるのは、クレジットカード機能のついている交通系ICカードです。それならばオートチャージの機能によって運賃をその都度払う必要がなくなります。それならばとても便利にどこへでも移動することができますので、支払いに関するストレスをほとんどなくすことができます。スムーズに支払いを済ませることは乗り換えのスピードにも関わってきますので、移動が多い人ほどクレジットカード機能付き交通系ICカードは役立ちます。

気になるクレジットカード

最近、気になっているクレジットカードがあります。それはリクルートカードです。今使っているクレジットカードも十分満足できています。年会費永年無料ですし、ポイントだって私が付いて欲しい以上に付いてくれるので、ついついクレジットカードをどんどん使ってしまいそうになるほどです。ですが、この気になっているリクルートカードも、いい感じにポイントがつき、しかもポイント還元率がものすごく良いということを聞きました。正直、ポイント還元率という意味がよくわかっていないのですが、いいた言われているものはいいのだろうけど思っています。年会費も無料で審査もかなりゆるいらしいので、もう少し調べて良ければ加入したいと思います。

家計簿代わりになるクレジットカードの使い方

クレジットカードで公共料金から日用品までトータルで使用しているため、クレジットカードの明細書が家計簿代わりにもなって月々の収支が管理しやすいという使い方を自分なりに工夫しています。最近ではクレジットカードと連動したパソコンソフトやアプリで節約にも意識して利用するよう心がけています。けれどクレジットカードから支払うとその分ポイントも付加されたりこお得感もあり、これまで現金主義だった私もクレジットカード払いに切り替えた一つのそれが理由です。そのためクレジットカードだからといって利用額を限界まで使用するとか無駄遣いが増えるとかいうことはなくて、むしろ総合的に無駄な出費を意識して管理しやすいため抑えることができています。